『ASIAN WINDS!-アジアの風ー』をみたんだ

トゥエルビでやっていた『ASIAN WINDS!-アジアの風ー』をみました。
場面によってはみたことがあるシーンもあるけど、通してみたのははじめてだな。

オサがいてふーちゃんがいてゆみこがいてまとぶんがいて蘭寿さんがいてあすかがいてみわっちがいてまっつがいる。
ああなんだかむちゃくちゃ。なんだか豪華。
今となると何組だかわからない。

すごく判断に困るショーだ。

ここキレイ! 素敵! って場面と、「これはなに…」と口をあけてぽかーんとしてしまう場面の差がありすぎる。
これを初日に大劇場でみた人にならなくてよかった、と思いました。わけがわからなくて困っただろうな。
カテゴリとしては「迷作」なのか「珍作」なのか…。(「名作」「佳作」とは言いたくない…おもしろすぎて)

「上善如水」の場面はきれいだった。
長い筒袖がぽーんと投げられ舞台を飾る。
ここは劇場でみたら感動しただろうな。

ふーちゃんの退団公演でいい場面をもらえたねぇ。

オサゆみが揃って歌うところは耳服。
このころの花組ってそれなりに聞けたのね。

オサのたびたびくわっっと見開かれる目が非常に懐かしゅうございました。

チャイナタンゴのまと蘭みわの女装はやっぱり破壊力があるな。
みわっちの女装はきれいすぎてどうしようかと思い、まとぶんは美女なのにオカマにしか見えないのが不思議で、蘭寿さんはかわいいっちゃかわいいけどこれはぜったいに贔屓目だってわかってるし…。
いやあすごいですわ。

服部メドレーのあすかが超かわいい。

ロケットは音楽がまったりしてて、不思議なものをみたなと思った。

そして噂の三味線ボレロ。
大階段に黒燕尾の男役が勢ぞろいして一斉に手をあげてうねうねさせるところは「昆布ですか」と言いたくなった。
新しすぎてわからない。
一歩間違えたら暗黒舞踏になるのではなかろうか。

すっごく不思議でカオスな場面なのに、蘭寿さんには似合ってる気がした。
なんでだ。

0

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村


宝塚歌劇団ランキング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。