ももりりコン行ってきた・5

残念ながら、りりこの「ダンスはやめられない」のインパクトが強すぎてこれ以降の歌の記憶があんまりありません…。
全部もっていかれたんだもの。

以下、歌と曲紹介やMCについてのレポのつづき。
MCなどはこのへんでこんなこと言ってたような…くらいの記憶で書いているので正確ではないと思います。
順番的にも内容的にもズレてるとは思うんですが、だいたいのところを感じとっていただければ。

おかしかったのは2人が話し始めるときにどちらが言うかで「どーぞどーぞ」的譲り合いが発生してたところ。
打ち合わせは?www と思いつつも、こういうのもなんかかわいいんだよね!

☆THE ROSE

★空へ(アニメ「ロミオの青い空」より)

★アベ・マリア(G.Caccini)

いずれも割合おなじみの曲。
耳馴染みのある曲が美声で聴けるのは幸せです。
ちなみに「THE ROSE」は私は瞳子ちゃんの『ICARUS』でインプットされてます。そういうのもあってなんかぐっときた。

☆さよなら(歌劇「夕鶴」より)

「皆さま御存じのとおり、りりこは東京公演で退団するので」と、ももちから曲を紹介されました。
退団に際しての気持ちをこめてりりこはこの曲を選んだと言ってたような気がします。

★アメイジング・グレイス

こちらもおなじみの歌。
祈りを感じる歌がすっと心に沁み入りました。

◆二人の世界(ミュージカル「夢から醒めた夢」より)

はじめにももちがソロを歌ってたと思うんですが、そのとき舞台上の椅子に腰掛けながらももちを見つめているりりこが印象的でした。

ももちとりりこは予科本科。けれども音校時代から仲がよかったそうです。
2人を結びつけたのはやはり「歌が大好きだ」という気持ち。
そういうわけでこの曲を選んだとのことです。

りりこはももちを真っ直ぐに見ながら「大好きな歌を、大好きなももちさんと、こうして歌えて本当に嬉しいです」的なことを言っていました。

それに応えるようにしてももちも「私も大好きな…」と言い、言葉がつまっていました。
ももちは真っ直ぐにりりこを見ていたんですが、りりこは自分の後ろの手島先生(ピアノ伴奏)のことかと思ったらしく後ろを振り向いてしまい、会場中が「あんたちょっと待てwwwww」的な空気になっておりました。
なぜそこでボケるか七瀬りりこ。
そのあとももちはちゃんと「私も大好きなりりこと、大好きな歌を歌えて嬉しい」と。

練習は大変だったけれどすごく楽しくて、そして気づくと漫才になっていたそうな。

0

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村


宝塚歌劇団ランキング

ももりりコン行ってきた・5” に対して2件のコメントがあります。

  1. とおやま より:

    りりこは宝塚ばなれした歌手だなあと思ってましたら、あっさり別の世界に行ってしまうのね(涙)。
    今の宝塚では、歌の上手さってあまり重要視されていないし、そうかと思えばさほど上手くもない人が上手いということになっていたり。
    どの組にも何人かは歌える子がいるのだから、大切にしてほしいなあと思います。

  2. ゆきたろ より:

    >とおやま さま
    ほんとにあっさり別の世界に行ってしまうんですよね…。
    93期、現研5だという若さにびっくりします。
    そういやももちが「りりこは新たな夢に向かっていきます」とも言ってたのを思い出しました。
    新たな夢ってなんでしょうね。ミュージカル界だと嬉しいんですが。
    歌える人はほんとに大事にしてほしいです。
    センター近くであれば言うことないですが、そうでなくても見せ場を与えて重宝してほしいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。