どんだけ噛むの

劇場ロビーの募金箱の横に出演者のサインが飾られてます。
ちぎたさんだけコメント入り。

どんだけ噛むの

どんだけ噛むの

『ニジンスキー』4月29日(金・祝)11時公演を見てきました。
なかなか面白かったですがその感想はのちほど書くとして、終演後にちぎたさんのあいさつがありました。

はじめてちぎたさんのご挨拶というものを聞いたんですが、ものすごいカミカミでした。
一言ごとに噛み、なにを言ってるのかわからない状態になり、言葉が詰まり、後ろの緒月に確認し、また噛み…。
花組長もびっくりなレベルです。

大意としては、

「みなさんの応援が私たちの力になる。で、こちらも頑張るのでそれが伝わるように。みなさんに伝わって、いつか形になるようにしたい。つまり、受けとった感動は募金としてよろしく!」

ってことなのかなぁと思うんですが、いかんせん噛みまくりの支離滅裂発言なもので私まったく自信がありません。
うん、でも「募金よろしく」は言いたかったみたいよ。

言葉が詰まるたびに緒月を見、緒月にうなずいてもらい、また客席に話しかけるというさまはかなり面白かったです。
萌えとは違うな。「緒月、ご苦労!」みたいな(何様)。なんか保護者か先生かお守りのようでした…。

しかし客席に「伝わりますように」と言いながら、「ほんとに伝わったかな?」と後ろを向いて確認すんなwww
かわいいけど不安になる。

ちぎたさんのこういう挨拶はデフォルトなのでしょうか。
ぶっちゃけトップ就任後(就任するだろう)のあいさつが楽しみです。

web拍手 by FC2

0

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村


宝塚歌劇団ランキング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

前の記事

次の記事

梅芸でも