彼女らをつなぐもの

自宅に帰ってきました。
さらば東京。

『オネーギン』は初日のみの予定でしたが、もう一度観てきてしまいました。
良かったよな、という記憶がずっと抜けなくて、これはもう一度観ておくべきじゃないかと思ったのです。

見返すと自分の書いた感想に「あ、ここ間違ってる!」というところが見つかったりして恥ずかしくもあるのですが(ていうか間違ったこと書いててすいません)、それでも良い芝居は良いのです。
行ってよかったと思いました。

ジェンヌさんも多数観劇。
花楽後なのでそのあたりくるかなー、とは思ってたんですが、それのみならずビッグな人たちが登場。

水さん、ゆみこ、みなこ、そしてまっつ。

客席から拍手が起きましたね。
「雪組を見にきてくれたんだ!」という喜び以外にも、「きみたち仲良いなぁ(笑)」という変なニヤニヤニマニマする気持ち。
ていうか、萌え?

最初まっつは誰かわかりませんでした。元からの雪組生かOGだろうと思ってたもので。
ヒョウ柄のストールかなにか巻いてたよね?
気のせいでなければ髪色が昨日より明るくなっていたような。
今日から雪組生なんだっけ。

水さんはもふもふした感じのベストを着用してたように見えました。もふもふ。
ほんと、こういうの好きだよなぁ。

みなこはちょっと髪が短くなってたかな。
ばっさり落とした! ってほどじゃないですが、肩くらいの長さになってたような。

水さんたちとまっつのつながりがはじめはピンとこなかったんですが、花組で一緒だった時代があるんだよね。
水さんたちが雪組とまっつの架け橋になってくれているかのように思えました。

終演後のごあいさつで理事様が「水~!」と呼びかけ、「雪組はみんな頑張ってますよー」みたいなことを言っていました。
緒月その他(わりと上級生の人たち)がぶんぶん手を振ってたのが微笑ましかったです。

web拍手 by FC2

0

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村


宝塚歌劇団ランキング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

前の記事

笑顔のスケブ