3OGの宴

NHKの「ディープピープル」宝塚トップスターの回をみました。

30分ってあっという間ね。
時間足りないわ。
最後の瞳子ちゃんの「私2番手時代が長かったから~」にくいついた途端、別の音声がかぶさって番組終了とか、鬼かと。
続き聞かせなさいよー!

ていうか途中途中の解説もどきは必要だったのかと。
ディープな話になるから一般人との橋渡し役が必要だ! という考えかと思うけれど、
3人とも解説なしではわからないような話し方はしてなかったし、
そもそもヅカファン以外はたいして見てない気がする。

ここを削れたらもうちょっとおもしろい話が聞けたんじゃないかと思って残念。

さて3人のOG。
予想に反して――というのも失礼だが、オサがすごくきれいだった。
マダムな雰囲気を撒きちらしてた。

脚本に書かれたクサいセリフに笑いながらツッコミを入れるOGには「ああ言っちゃったよ!」というか、「本人たちもそう思ってたのか…」というか。
マミさんのすごかったなぁ。「おいで、僕の赤ずきんちゃん」だっけか。
演出家誰だよ。
(観たことないけどうろ覚えでハリーか小池さんだった気はする)

そしてリフトについてもツッコミというか―――グチ?
「タイミングだタイミングだっていうけど、こっちも女だから。力は必要だから」的な言葉には、「ですよねー」と深くうなずかざるを得ない。

瞳子ちゃんの語るモミアゲの縦ラインと横ラインの話はディープだと思った。
化粧の仕方で年代が変わるとは思ってたけど、具体的にどうしたらいいのかとかは全然知らなかったから。
ああやって自在に役の年齢を操ってたのね。

あと「役作りは傷の部分から入る」には萌えざるを得ない。

web拍手 by FC2

0

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村


宝塚歌劇団ランキング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

前の記事

チラシ2枚

次の記事

麗しい人