信念

景子センセイの御本、『Can you Dream? 夢を生きる』を読みましたよ。
信念と根性と体力がすごいな。

女性であるということが歌劇団の演出家としての採用の大きな障害となっていた時代、何度不採用になってもくさらずに舞台・芝居に関わり続け、脚本を書き、送り続けていたこと。
演出助手時代の体力面のハードさ。
演出家になってからの精神面のハードさ。

ありとあらゆる困難に立ち向かう姿が素晴らしい。
―――というか、ぶっちゃけ凄まじい。

これを読んで「演出助手? 無理無理無理無理!!」な気持ちになりましたよ。
仮に応募してよしんば受かったとしても続かんわ…。

「心に残った言葉」ということで、景子センセイの聞いた演出家やジェンヌから発せられた言葉も載ってます。
なかなか含蓄ある言葉、彼女らの性格や生き様を感じる。

なお、参考までに掲載されている人(名字のみ、敬称略)を以下に記しておきます。

植田・柴田(演出家)・大空・水・柚希・安蘭・大和・紫苑(現役/OG トップスター)

特に、ゆうひさんの発した言葉はその後の彼女のありようからすごく納得がいく。
どのように扱われたいとか人に比べてどうだとかいうのではなく、自分がどうありたいかを追究したかったのだと感じられる。

また、彼女の衣装合わせのエピソードにも納得した。
とにかくフィッティングが丁寧らしい。
そして仮縫い段階でのゆうひさんの指摘は完璧らしい。

舞台姿の着こなしの完璧さ、美しさを思えば膝を打つ。
こだわりが強いだけでなく、自分を客観的に見られる人なんだろう。

写真も多い。
ポスターや舞台写真以外にも、月宙ラスパのときに舞台メイクした出演者に囲まれて撮った写真、シニョドン初舞台の89期生と月組上級生(ロケットのお姉さんかと)に囲まれたもの、ハリラバ最終稽古日、ルドⅡツアー旅行でのタモおさみど等々、いろいろと懐かしいものがたくさんあって楽しいです。

web拍手 by FC2

0

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村


宝塚歌劇団ランキング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

前の記事

薔薇を背負って