『ヴィンターガルテン』をみたんだ・1

9割引で買ったビデオ鑑賞その2。

サイトー氏演出の『ヴィンターガルテン』。
2002年9月収録なので7年前の作品ですね。

一言でいうなら、芝居としてはつまらんけれどもショーとしてみれば面白い。

ストーリーがわからんちん。
人間多くてごちゃごちゃしてるうえに話があっちこっちとぶし、タイムスリップが半端ねぇ。
セリフがどれもかっこつけすぎててイタイ。
登場人物の思考回路にときどきついていけません。
(かのちかがかよこを撃ったところでは目玉が飛んだ)

キスシーンと人死にのオンパレード。

キスシーンでお客さんがうっとりして、死ぬところでみんな号泣だね☆
盛り上がることまちがいなし!
よし、これでいっちゃうぞう!

…そんなふうに、当時のサイトーくんが思って作ってそうだな~、と。

特に人死には皆殺しの谷もびっくりだよレベル。
途中から「あ、また死んだ…」と淡々と見るようになってしまいました。

主役+ヒロインあわせて4人のうち3人が死んじゃうってどうよそれ…。
ジョセフィンが死ななかったのは歴史上の人物だからかと。

さんざん文句をつけておいてなんだけど、場面場面はみょーに面白くてかっこいいんだ。
ほんとにショーとしてみれば面白いよこれ。
レビューのシーンでは画面を食い入るように見ちゃうもの。

と思ってたら「バウ・アクトレビュー」って書いてあったわ。
レビューか、そうかレビューだったのか。
納得。

かよこはほんとに綺麗だ。
なんですかあの桁違いの美しさ。
ザッツ宝塚。
現実にいてたまるか。
ビバ白王子。

中の人の変さを微塵も感じさせない見事さです。
(私がかよこのなにを知ってるというのだ? というのはさておき)

レビューシーンでは華やかに美しくて見入る。
2幕冒頭の椅子に座ってるところとかが特に。

ああもうなんで辞めたのだ!
それも私がハマる前に。

web拍手

0

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村


宝塚歌劇団ランキング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。