女帝と呼ばれる

ひさびさに『派遣のオスカル』を見ました。初回放送以来です。

コムロさんがあいかわらずいい役でー。
女性重役だもんな。
ははは、偉そう。

と思いながら見てたら「女帝」呼びまでされててびっくりさ。

女帝て。

77期的には別の人の顔しか浮かびません。
しかもマリー・アントワネットに擬せられてるし(これまた別の女帝のイメージ)。

ドラマとは別のところで面白かったです。

ラギも出てましたね。
オスカルの後ろ姿じゃなくてちゃんと顔出し。
えーと、広報担当の人だったっけ。これまた美貌設定だったような。

八重歯が懐かしかったです。


web拍手

0

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村


宝塚歌劇団ランキング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

前の記事

誰の力かしらないが

次の記事

梅芸にきたの