やっぱりGOGO5!?#4をみたんだ

姉の家に行ってきました。
スカステめあてです。
ゆうひさんのGOGO5の初回ランだったので。

すんごくおもしろかった。

なにが面白いってまさこの動き。

あれは何。
挙動不審という言葉でいいのか。

なんかロボットみたいだったぞ。

樹里にお題を振られて深く考えこむところとか、
同意をするときの深い深いうなずき方とか、
なにかあると動きが停止してしまうところとか、
発言者を見つめるときの微動だにしない感じとか。

一つ一つの動きがゆっくりで深い。
その緩慢ともいえる動きがコマンドを受けてから実行するまで時間のかかる古いロボットを思わせて。

なんか面白いものを見ました。

舞台で「十輝いりす」してるときにはチャキチャキ動いてるのにな。
ゆうひさんの評するように「インテリ」な感じさえするのにな。

素のまさこも実際「インテリ」なんだろうけど、一挙手一投足の動きの不思議さに内面が覆い隠されてしまう。
中身より動きから目が離せない。

大はやたらナイスバディでした。
いいのかそれ。

「ゆうひさんに『早く動いてって言われるでしょ』と稽古早々に言われた」(←大意)ネタを披露してました。
大は動きをタメすぎるらしい。
知らんかった。今度観察してみよう。

そして実際まさこに「早く行ってよ」的なことを先の公演で言われていたらしく、
ゆうひさんの人間洞察力のすごさが露わになった。

樹里はそれを「このまさこに言われたのか!」と。
いじられまくるまさこ。
おいしいな。

ゆうひさんははじけていた。
対・樹里だと(わりと誰でもそうだけど)クールさがかなりすっとんでいってた。
月組時代の下級生だからかな。

けっこういろいろとやってたな。
茨木童子が腕を取り戻したシーンの決めポーズ(そのまま横にスライドしていくさまがかなり笑える)とか、
カサゴなみつばちとか、
アパショⅡのデュエダンで後ろを向きながら髪を直すしぐさとか。
そういうのを再現してました。
結構嬉々として。

その「嬉々として」な感じが下級生だからなのか、
「トップなのよいえーい」なテンションなのか、
クールなのはそもそも外見だけなのか、私にははかりかねましたが。

楽しそうでよかったです。

でも座り方はいつもいつでも男前。
脚がっつり開いてます。

トークはかなりカットされて編集されてた感じでしたね。
実際にはどんだけ話してたんだろう。
ノーカット無編集でDVD出してくれんだろうか。

拍手する

0

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村


宝塚歌劇団ランキング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。