すっぴんでマリー

昨日の夜、ちゃんと『派遣のオスカル』見ましたとも。

コムロさんふっくらしてたわー。
退団公演時の痩せまくった姿が頭にあるからなぁ。
よかったよかった。

コムロさんが予想以上によさげな役でした。
きれいなお姉さんしてました。
役柄が年齢に合ってそうなところも良し。

でもヒロインに美貌を絶賛されるところはさすがにかゆかったわー…。
そこまでじゃないよな、と。

扮装はオスカルじゃなくてマリーでした。
すっぴんでマリー。
あれはやっぱりヅカメイクあってのしろものだろう。

一番気に行ったシーン。
重役たちとご飯を食べているところに乗り込んできたヒロインを振り返るコムロさん(コムロさんは扉近くに背を向けて座ってたので)。
自然でよかったのである。
それと横顔が美しいからかもしれん。

ラギも出てたんだけど自力では発見できず。
噂ではオスカルの後姿だということなのだが……わかるか、そんなもん!

でもオスカルはなんか気になったんだよな。
歩き方がやたら様になってて。
宝塚OGならば納得だ。

ちなみに今日8月29日は「ベルばらの日」です。

拍手する

0

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村


宝塚歌劇団ランキング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

前の記事

神様仏様かなみ様

次の記事

インフルの猛威・2