ねこたん

『ロシアン・ブルー』の配役が出ました。

大野っちらしく役が多い!
そして役名を見ただけでそうとうwktk。

特にねこたなとかねこたなとかねこたんとか!

猫タナと猫タンかーーーー!!!

この前の小坊主ロケットが脳裏を横切りますが、ぜひとも猫な感じで出ていただきたい。

しかもやたら多いぜ「猫タナ」。
一族なんだろうな。

で、そのネコタナ&ネコタン一族。

ライサ・ネコタナ     舞咲 りん
ガリナ・ネコタナ     森咲 かぐや
アンナ・ネコタナ     花帆 杏奈
ソフィヤ・ネコタナ    神 麗華
リュボフ・ネコタナ    早花 まこ
バーリャ・ネコタナ    沙月 愛奈
タマーラ・ネコタナ    花夏 ゆりん
オレガ・ネコタナ     透水 さらさ
エレナ・ネコタナ     舞羽 美海

オレーク・ネコタン    愛輝 ゆま
ワーリャ・ネコタン    寿々音 綾

上級生やらかわいこちゃんやら。
娘役が多いな。
女系家族か。

どう考えてもゴマとすずめでは対抗しきれない感じがします。
もうね、ヒメが入った段階で抑えるのはムリなんですけどね。
2人とも退団者なのでちょっとおいしいところをもらったって感じかな?

予想ですが、この人たち女系家族で猫で魔女なのではないかと。
猫といったら魔女ですよ。
で女系家族はお約束ですよ。

ゴマとすずめはその家の中で尻に敷かれてるか弱い旦那なのではなかろうか。

もしくは魔女=みなこの使い魔。
魔女の使い魔は猫と相場が決まってる!
みなこを、ひいてはロシアを支える強力な一族なわけですよ。

ま、私の予想が当たったためしはほとんどないんですけどね~。

今回は名前だけで笑えるのが多い。
特にロシア名。ほんとにこんな名前があるのか!

まずおふじの「パヴェル・ウソツキー」。…嘘つき。
ついでにあゆの「タナヤーナ・エセーニナ」。…似非?

杏奈の「アンナ・ネコタナ」。…同じ名前だ!
リサリサの「スージー・スターン」。…涼花がスージーなのだな、と思うと覚えやすい。

イリインスキー、アレンスキー、モジャイスキー、ベレゾフスキー、スタチンスキー、カバレフスキー、フィラノスキー、ヴァルコンスキー、スロニムスキー。

○○好きーが多すぎです。
稽古場で噛むこと必至。
そして覚えきれるのか役名。

88期以下の下級生にこれらの役名が振られてます。
覚えづらくこんがらがりそうだからなんだろうな。

配役を見ただけでこんなに楽しめるってすごい。
早く見たいわ。

拍手する

0

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村


宝塚歌劇団ランキング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。