『風の錦絵』感想・1

ようやく見てきました。
明日が千秋楽だというのに、ようやく。

見たのは3月11日(土)11時公演と12日(日)11時公演の2回です。
2日で2回しか見ないって体が楽だ…。

和物ショーということを聞いた段階で『さくら』とか『花の宝塚風土記』とか、ああいうのを想像してたの。
壮麗で華麗でちょっぴり耽美。

それをダーイシがやるのか…。

耽美なところにさぶいギャグを入れられるのか……。

そういう想像だけで正直ゲンナリしてました。
それがまさかの青天ショー

アホらしい!!
ばからしい!!!!
ねぇこれなんて一昔前のTCAスペシャル?

ダーイシはずっと芝居じゃなくてショーを作っててほしいよ。
ダーイシの芝居はアレだけどショーはかなり好きだ。

そう。忘れてたけど、私、この人のショーはけっこう好きだったんだ。
『ワンダーランド』とか(但しかしちゃんの顔ハメ以外)。

プロローグの「白浪五人男」。
となみを中心に奉行のハマコときたろうが銀橋渡り。

となみ。
かわいいけど、かわいいけど、
娘役トップのサヨナラ公演でこんなんやらんでも… つД`)・゚・。・゚゚・*:.。
なんという美貌のムダ遣い。

今気づいたけどハマコに奉行ってハマりすぎw
あの人、存在自体が「奉行」って感じだもん。鍋奉行とか。今は「雪組奉行」って感じ。副組長だし。

きたろうとハマコの身長差で地味にツボったあたりで白浪五人男が登場。
一人づつスポットを浴びて振り返るんだけど

ゆみこちゃん、青天が似合いすぎです。

日本一青天が似合う女性なんじゃないかと。
褒め言葉になってるかどうかは微妙ですが。

キムも似合うのな。
かわいい顔してるのに。

正直「秋風と菊人形」の義経(烏帽子着用のさわやか貴公子)より、こういうのとかソーランの暑苦しいほうが似合う。
外見に反して芸風がくどいからかしらねぇ。
顔芸も激しいし。

そしてトップの水さんも青天が似合う。
なんだこの5人。
みんな女性なのにこんなのが似合っていいのでしょうか。

そして上手でぴょこぴょこしてる女目明しのとなみかーーーわーーーゆーーーーー!!

白浪Sの水さんに惚れてぴょこぴょこして奉行やら岡っ引きやらに止められ、でもあきらめずに突進。
この上手での芝居がやたらおかしい。
あの人たち本気で楽しんでやってるんだろうなぁ。

となみに絡まれて迷惑そうな水さんが楽しい。
この人マゾだから。

AQUA5の他の4人には「振袖の女」が絡みます。
さゆ・みなこ・あゆ・みみ。

みなこがテルと組んでるのは身長の関係なんだろうな。
しかもフィナーレ「春一番」でも組む相手はテル。
どう考えても身長です。
感動するぐらいピッタリの身長差でした。


拍手する

0

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村


宝塚歌劇団ランキング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

前の記事

見てきた