一晩経って考えた

一晩経って考えたこと。
(もちろん、ゆひすみ宙トップ関連)

・ゆひえり解体が何気にショックでかい…。
あのアホな兄弟っぽさが好きだったんだよぅ。

・あと、ゆひ一花解体も。
あれも何気に好きだったなぁ…。こっちも兄妹っぽくて。
ゆうひが一花をかわいこちゃん認定してない感じが微妙におかしかったw

・ののすみちゃんは宇宙人っぽい(らしい)から宙組なのだろうか。
(発言が宇宙人っぽいと『歌劇』で書かれてた記憶がある)

・ゆうひとすみ花は何気にすごい学年差だ。78期と91期だもんなぁ…。
なのにロリ感が全く感じられないのは祐飛さんの見た目の若さゆえか、すみ花の貫禄ゆえか。

・っていうか、ゆうひさんが「すみ花かわいい~」と溺愛するさまが想像つかん!
相手は若い娘役なのに!

・あるとしたら「うちの嫁がまた不思議なことを…」と冷静に観察しつつ、「こんな嫁ですけどみんなよろしく」と保護者面する感じだろうか。

・↑はもちろん妄想にすぎませんので。
うーん、でも珍しい生き物を見るような目ですみ花を見る祐飛さんはなぜか容易に想像がつく。

・ゆっちは78期の見送り係のようである。

・でも花組にも同期の王子がいるんですけどね~。

・かわいこちゃん好きなゆうひに宙組はどう映るのであろうか。
宙娘もかわいいと思うんですけどね、たぶん…。(あんまり詳しくないので)

・ゆうひは蘭とむにも「暑苦しい!」と叫ぶのであろうか。

・蘭とむに限らず宙男はでかい人が多いので、あの圧迫感にどう対抗するのであろうか。

イライライライラ……。

「窓がくもる!」

稽古場の窓全開、とか…ないだろうなぁ。
ゆうひさん結構オトナなんでそこのところは大丈夫だと思うんだけど、妄想するだけでかなり楽しい。

拍手する

0

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村


宝塚歌劇団ランキング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。