マリポーサ10/18

昨日は雪組公演を見てきました。
大劇場公演から通算6回目です。過去最多。

東京宝塚劇場は、足を踏み入れるのが2回目です。懐かしい。
宝塚大劇場とはまた違った感じですね。特に立地が。都心だもんなー。
それに座った席は1階Sの後方だったんだけど、こころなしか舞台が近いような。

演出もちょこちょこ変わってましたね。
出演者の演技もヒートアップしてるし。

『ソロモンの指輪』は何度見てもイイ (´∀`)ノ !!

でも何度見ても全容が明らかにならない……けど、理解はもはやあきらめて美しさの中に身を浸すことにしました。

水さんのダンスはきれいだし、となみの美しさはほんとに芸だし、ゆみこの歌の表現力はすばらしいし、キムの顔芸もたまらんし。

祝祭のところでようやくイルカを発見。
ほんとにてんこ盛りだなぁ。

あ、水さんの登場はせり上がりになってましたねぇ。
花道をすたすた歩いて登場ではトップ男役のわりに庶民的というかあまりにエコロジーな感じがしたからかしら。

『マリポーサの花』。

ゆみこエスコバルがいつもより余計に待たされてた感じですね。
アリシアに「早く帰れ!」的なことを言ってました。

きたろうフェルッティがネロにさるぐつわをされるときに「まてまてまてまて!!」しつこくなってるw

マヤさんとコマの掛け合いもムラで見たときよりウケてた印象。

ハマコ先生のサルディバル大統領の割れアゴをガン見して確認してきました。たしかに割れてた。
でも言われなきゃ気づかないくらいですよ、あれは(と、自分をなぐさめてみる)。

戦闘シーンのネロとロジャーのやりとりも確認してきました。
ロジャーが「くそっ」って言ってた理由がようやくわかった。そうか、そういうことだったのか。
ネロさんのニヤリ笑いが不敵でいいっすな!

それとセグンド真波さんの死に顔はいつ見てもいいです。
いやー、美しいなぁ!
撃たれて、息を詰めて凍りついたまま倒れていくその時間がたまらーん。
いつもオペラでガン見してしまう。
顔も美しいけど倒れ方もキレイなんだよね。ダンサーだからか。

ところで戦闘シーンのライティングが前に大劇場で見たときよりキレイな気がする。
変更があったのか単なる記憶の問題かわかんないけど。

フィナーレは聞いてたとおり変わりましたね。
銀橋でのとなみの反りがなくなってキスシーンになってた。
役を引きずってのフィナーレのデュエットダンスもいいもんだ。

パレードではテルが左右のゆみこ・マヤさんと絡んでてほほえましかった。
まさかこの人から「ほほえましい」という印象を受けるようになるとはなぁ…。舞台が楽しいんだろうなー。

拍手する

0

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村


宝塚歌劇団ランキング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

前の記事

正装で登場