『マリポーサの花』感想・4

●第4場 裏口

・ここのリナレス=キムがいい。
芝居うまいなぁ。
少し内向きで思いつめてる感じが出てた。

ちゃんと中に熱を持ってて、でもそれをくすぶらせているような感じ。

前場面で見せるさわやかさとの差がありつつ、なお、ちゃんと地続きになってて一人のキャラクターとしての一貫性が感じられるところが上手いと思う。

●第5場 カフェ

・アマセのアリシアが面白い。
しかしなんでエスコバルは「マリア」だと思ってたのかねぇ…。
単に興味がないから適当に覚えてたのか?

・アリシアに付きまとわれてうざったそうなゆみこエスコバルさん。人待ち中。
アリシアの適当なあしらい方が楽しくてしょうがない。

・待ってる相手を聞かれて「(彼女より)もっと特別な関係かもな」…ちょ、エスコバルさん、何を言い出すんですか!
あんた正気か!
正気で言ってたら余計に怖いよ!

いや、でもありがとう。
わかりやすい萌えをありがとう!

これを言うときのエスコバルさんの少し夢想してるような顔が好きです。

・でもアリシアさんはあきらめない。
そんな簡単に女が引き下がると思ったら大間違いだ。

「もう来ないんじゃない」

く、来るもん!
疑いたくなるようなことを言うな!

・しかし、エスコバルの

「今頃一生懸命急いでるよ」

で、ほんとにネロさんが急いでやってきたよ!
以心伝心ってことか!?

こ、これもハリーの腐女子へのサービスなのか? そうだね!? 私は受け取ったよ!

・カフェ店員のさゆが気になってしょうがない。
明らかにネロとエスコバルの会話を気にしてるんだもんよ。

なんかの伏線か? と思うんだけど、それらしいところにつながっていかないんだよねー。
いわくありげなキャラを出してみました、ってだけなんだろうか。

・さゆが用意するビン(ビールか何か?)の中には本当に液体(水だろうな)が入ってます。
ちゃんと飲んでるのかなー。
長台詞対策なのだろうか。

・テルのロジャーはそれを飲ませてもらえません。
エスコバルさんに止められたw かわいそうでせつないが笑える。

・テルはど金髪のオールバック。
飄々としてます。

飄々としてて少し能天気そうなのが、裏が見えなくて底知れなさがあって、かえって怖いようなそうでもないような…。

拍手する

0

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村


宝塚歌劇団ランキング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。