両隣に人がくる

昨日ですが、花組東京宝塚劇場公演『はいからさんが通る』のチケットの販売方法が発表されました。

花組 東京宝塚劇場公演『はいからさんが通る』について
2020/09/14

花組東京宝塚劇場公演『はいからさんが通る』につきましては、政府および自治体等による新型コロナウイルス感染拡大予防のためのガイドラインに基づき、施設内の感染予防対策を徹底することに加え、公演内容ならびにチケットの販売方法や劇場内の各種サービス等につきましても、感染拡大予防のため、従来とは異なった運用を行います。
お客様にはご不便をおかけいたしますが、より安心・安全な環境作りのため、何卒ご理解・ご協力を賜りますよう、お願い申し上げます。
なお、公演内容およびチケットの発売につきましては、今後の新型コロナウイルス感染状況を踏まえた社会情勢に応じて、変更となる場合がございますので、あらかじめご了承ください。   

公演内容について
○新人公演の実施を見合わせることといたします。
○出演者パターンの変更時に4日間の休演日を設定いたします。
>>公演日程の詳細についてはこちら
○幕間の混雑緩和のため、幕間休憩を5分間延長し、35分間とさせていただきます。
○舞台上および舞台裏での密集状況を避けるため、1公演あたりの出演者を減員するとともに、演出を一部変更します。
>>各公演の出演者や日程の詳細はこちら
○客席を使った演出については、当面の間、取りやめさせていただきます。
○オーケストラ演奏につきましては、オーケストラピット内での感染予防対策のため、録音演奏といたします。   

チケットの発売について
○感染予防対策として、最前列ならびに花道沿いの座席販売は見合わせます(座席間隔につきましては、左右1席を空けず通常通りの販売を行う準備を進めております)。
○販売可能なチケット枚数は、ご観劇者様の把握を目的として、宝塚友の会会員先行販売は「(1公演につき)おひとり様1枚」とさせていただきます。また、先行販売でご購入いただける座席位置は通常の公演時と異なる場合がございます。
※宝塚友の会会員先行販売(第1抽選方式(最大8公演まで申込可)・第2抽選方式(最大12公演まで申込可)・先着順方式)につきましては電話もしくはWEBからお申込みいただけます。詳細につきましては、別途会員様向けにご案内いたします。

(以下略)

注目すべきは「チケットの販売について」の「(座席間隔につきましては、左右1席を空けず通常通りの販売を行う準備を進めております)。」の部分ですね。

そうか、1席ずつ空けず両隣にも人が入る形で、劇場をほぼフルに使えるようになるのね。

ぶっちゃけ、両隣に人がこないシステムは観劇するには快適でした。
隣に人がいなけりゃ、手すりを越えて肘を当ててくる人とか、耳元で爆音の拍手をかましてくる人がいないもの。

とはいえ、ほぼ半分しか客入りがないということは、劇団にとっても実入りが大幅に減るということ。劇団の存続が危ぶまれてしまう。

換気装置がしっかり整備された劇場でマスクを着用しているなら、1席ずつ空ける必要はないという研究結果もどこかで見ました。
それで、宝塚も席を空けない方向で運用を進めようとしているのでしょう。

きちんと新型コロナウイルス対策をしたうえでほぼ満席とし、宝塚歌劇がこれからも続くことを願います。

0

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村


宝塚歌劇団ランキング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。