ドリタイだいもん×縣×あみ①

スカイ・ステージ・トーク Dream Time「望海風斗・縣千・彩海せら」』をオンデマンドで見ましたよ。スカステでは今年5月くらいに放送されたやつです。
スカステ加入してないので、遅ればせながらでもオンデマンドで見れてよかったわ!!

MCのあがちんとあみちゃんは黒のタキシードで登場。
でもしゃべりは女子め。
うん、知ってたけど、なんか微笑ましい。
でもあみちゃんは「九州男児」と評されるだけある、強さを感じる。

約1時間の番組なのでいろいろ盛りだくさんです。
トーク(鼎談)あり、やってみようコーナーあり、質問コーナーあり、セリフ再現コーナーあり。
男役として、舞台人として大切なこともたくさん語られていました。
勉強になりました、私が。

ふおおおおおおおとなったのが、包容力の話。
(以下、正確じゃないけど書き起こし)

縣「包み込む雰囲気とかって、その一人の人とかを包み込むみたいな大きさみたいなのってどうやったらいいんですかね。私が今、望海さんを包んだ芝居をしたいと思ってても無理じゃないですか。でも包みたいわけですよ私は」
望海「縣に包んでもらいたい
縣「包みたいんです私は。でも、そのくらいの男役の」
望海「でもなれそうな気がするけどね、包容力ありそう」
縣「(包容力を)今、欲しいです」

( ゚Д゚)

縣に包んでもらいたい、って言ったよだいもん!!!!

目玉が飛びそうになったわ。

「相手のいい所も悪いところも知っていることが大切。
好きな人のいいところだけじゃなくてダメなところをひっくるめて理解してあげることが、人を包むことにつながる。」

みたいな感じでだいもんは答えていました。
『凱旋門』新公で縣くんが演じたラヴィックの話を思い出しました。
ウエクミに「(ジョアンを)軽蔑しながら愛してほしい」みたいに指導されてた記憶があるのです。

しばらくいろんなコーナーがあり、そのあと「私たち(縣・彩海)とどういうお芝居をしたいですか」という質問がありました。

そこでだいもんは「ザ・男役みたいな」と回答。
縣パッツィーはちょっとアホの子だし、あみちゃんは子役だし……。
なので、男役同士らしい、大人の芝居をということなのでしょう。

で、縣くんですよ。

縣「私は望海さんを包んでみたい」
彩海「おっしゃってましたね」
望海「チャンスがあと1回しかないから、最後に縣にアタシは包んでもらうように、ちと上田先生にお願いしようかな」
彩海「縣さんに包まれる場面を」
縣「頑張りたいな」
彩海「でも、そう思ったらショーとかでされてそうですよね」
望海「そうだね、生田センセイか。じゃあ、ショーでいこう」
彩海「踊りで、なんとかの精みたいな」
望海「ああー」

いっくんは腐女子属性強そうなので、ぜひお願いしてください!!!!
生田センセイ、頼んだ!

縣「男ね、男ね、一応」
彩海「男」
望海「どう、ショーでもいい?」
縣「全然、なんでもいいです」
望海「縣に包んでもらうことを夢見て
縣「包んでみたいです」

「男ね」と念を押す縣くんが面白い。

女装、ちょっと遠慮したい系ですか?
パツィ子(『ONCE~』ロケットセンターの縣くん。パッツィーの妹という脳内設定らしい)その他でさんざんネタにされてたからかしら。

でも女装してもキレイだと思うんだけどね。だいもんよりかなりでっかいだけで。

いやもうほんと、縣くんに包まれるだいもんのシーンをお願いしますよ、上田・生田両先生。

0

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村


宝塚歌劇団ランキング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。