『FLYING SAPA -フライング サパ-』を見たんだ・3

・反政府運動の活動家で精神科医のノアにキキちゃん。

優しい男です。
復讐心に心を占められているイエレナも、その傷ごと受け止め、ともに歩んでいく。
見たときは、ノアが精神科医であることにあまり意味がないように感じていたのですが(だってあまり作品に影響してないし)、彼が精神科医でなければイエレナたちに引きずられていたのかもなぁ……と思いました。
プロとして精神のコントロールができるからこそ、イエレナを受け止めることができたのではないかと。

・夢白さんのイエレナ。
まず見た目が素晴らしいよね。
スレンダーな身体に細身の衣装、金の短髪。
宝塚の娘役にしては尖っていて、その尖り具合が彼女の傷なのだとわかる。

総統01を狙う過激派としての存在感が強いだけに、かつて恋人だったことに望みをかけるようにオバクと関係を結んでしまう純情な部分が痛々しくも切なくもある。

かつては令嬢だったイエレナ。
長い金髪に淡い色のワンピースで幸せそうに微笑んでいたんだ。

ご令嬢も似合うし、現代的でスパイシーな役柄も似合う夢白さんにふさわしい役でした。

あの驚きのラストシーンも、イエレナにとってはよかったと思うよ。
キキちゃんのノアと幸せに暮らしておくれ。

・宙組に組替えしてきたしどりゅーはスポークスパーソン101。
(性別を感じさせる「スポークスマン」じゃなくて「スポークスパーソン」なあたりが、ウエクミはさすが現代の作家さんだと思う)

つるりとした美しい外見も相まってアンドロイドのよう。
さわやかすぎてうさん臭くなれるのもしどりゅーの個性だなぁ……!

そんなスポークスパーソン101が「ミンナ」の解放により急激に人間味を出すのが面白かった。

・スポークスパーソンの助手に研2の山吹さん。
長セリフも立て板に水のなめらかさ。
ビジュアルもいいし、上がってきてほしい娘役さんです。

0

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村


宝塚歌劇団ランキング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次の記事

阪急の決算