花組新公ステージトークも中止に

これは昨日・木曜に公式に出た情報。

「ステージトーク」花組 開催中止について
2020/03/26

日頃より宝塚歌劇ならびに宝塚友の会に格別のご愛顧を賜り、厚く御礼申し上げます。
新型コロナウイルスの感染状況や政府および地方自治体の方針等を踏まえて総合的に判断し、新人公演を含めた宝塚歌劇の全公演を3月31日まで中止させていただくことといたしました。これに伴い、新人公演の主役が出演するイベント「ステージトーク」花組も中止させていただきます。
ご観覧を心待ちにしておられたお客様には深くお詫び申し上げます。

【中止するイベント】
〇ソリオホール
宝塚友の会会員様限定特別イベント「ステージトーク」花組
4月3日(金)予定

※本イベント中止に伴うチケット代金は、チケットのご購入情報をもとに、宝塚友の会に登録いただいている指定銀行口座への振り込みにてご返金いたします。
※ご返金は6月10日頃を予定しておりますが、システム処理の都合上、振り込み時期が変更となる場合がございます。

3月31日に花組の新人公演が上演されないのだから「ステージトーク」もなし。
ステージトーク、新公の映像を見たり、新公の話をしたりするもんね。新公やってないなら話せるネタもほぼない……。
だから中止は当然といえば当然と頭では理解していても、心情的にはさみしいし残念です。

新公観たかったなぁ。時節柄仕方ないけれど……。
はなこちゃんとあわわちゃんの初主演コンビ、どんなものを見せてくれるか楽しみにしていました。

雪組の東京新公みたいに、花組も衣装はつけずに通し稽古を上級生に見てもらうのかな。
(これは3/18の読売の夕刊に出ていたらしい話。入手してないので読んでませんが……)

産経ニュースにも、はなこちゃんの新公に関連する記事が出てます。 →コレ

 一之瀬は着実に力をつけていった。ちょっと癖のある役から正統派の男役まですべてを演じられる。周囲からは“演技派”として高い評価を得た。そんな中でやっとつかんだ新人公演の主役(伊集院忍役=本役・柚香光)だったのだ。

 ファンも仲間たちもその“晴れ姿”を楽しみにしていた。花組の本公演は4月20日が千秋楽。もし再開できれば、その中の1日、特別に新人公演をやれないものだろうか。簡単なことでないのは百も承知。

 「はなこ」の愛称で親しまれている一之瀬。「はなこちゃんに花を持たせてあげて…」。多くのファンの願いでもある。

こういうこと書かれるの珍しい気がする。

0

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村


宝塚歌劇団ランキング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

前の記事

またも公演中止

次の記事

変人の巣より