2020年月組小公演演目発表・2

美園 さくら ミュージック・サロン
2020/03/16

<タイトル>
『未定』

<構成・演出>
齋藤 吉正

<出演者>
(月組)美園 さくら ほか   
宝塚ホテル

「宝塚ホテル開業記念イベント」
宝塚ホテルの開業記念イベントとして実施いたします。

<日時>
2020年9月7日(月)・8日(火)
ディナー 18:30~19:45/ショー 19:45~20:45

<場所>
1階「宝寿」

<料金>
28,000円(税サ込)

  
第一ホテル東京

<日時>
2020年9月13日(日)・14日(月)
ディナー 18:15~19:30/ショー 19:30~20:30

<場所>
5階「ラ・ローズ」

<料金>
28,000円(税サ込)

さくさくはミューサロ。

月組の伝家の宝刀・ミュージックパフォーマンスではなくミュージックサロンなあたり、さくさくはたまちゃんと同時退団なのか?と思うけど、でも退団発表はされていない。
べにあー、だいきほと直近の2組は退団発表も同時だったからなぁ……。残留の可能性もあるのかな?
でも退団しない娘役がミューサロやるほうが異例だし。

えーと、さくさくの進退は公式発表(されないことも含めて)を待つとして、ミューサロです。
娘役がセンターで輝く数少ない公演です。

歌えて踊れてハッタリも効くさくさくだから、いいパフォーマンスが期待できそう。
ほかの出演者も気になる。

2020年 公演ラインアップ【宝塚バウホール公演】<2020年9月・月組『幽霊刑事~サヨナラする、その前に~』>
2020/03/16

2020年宝塚歌劇公演ラインアップにつきまして、【宝塚バウホール公演】の上演作品が決定しましたのでお知らせいたします。   

月組公演
■主演・・・珠城 りょう

◆宝塚バウホール:2020年9月8日(火)~9月22日(火・祝)
一般前売:2020年8月1日(土)
座席料金:全席6,500円
※当初発表の予定より、公演期間が変更となりました。

バウ・プレイ
『幽霊刑事(デカ)~サヨナラする、その前に~』
原作/有栖川 有栖(幻冬舎文庫刊「幽霊刑事」)
脚本・演出/石田 昌也

恋愛と本格ミステリーが融合した有栖川有栖氏著の傑作「幽霊刑事」が、心温まるミュージカルとして、珠城りょうの思い入れある宝塚バウホールに登場します。
巴東署の刑事・神崎達也が、夜の浜辺で突然上司に射殺された・・・が、結婚を控え、殺された理由に全く心当たりがない神崎は、成仏できず幽霊となってしまった。母親にも、フィアンセの森須磨子にも自分の姿は見えず、虚しさに苛まれる神崎だが、青森出身でイタコの血を引く霊媒体質の同僚刑事・早川敦にだけは自分の姿が見え、声も聞こえた。神崎は唯一コミュニケーションが取れる早川に事件のあらましを話し、幽霊刑事と霊媒刑事の「最強コンビ?」がタッグを組んで捜査に乗り出す。しかし事件解決はまた、神崎がこの世に別れを告げ、昇天することをも意味していた。「愛する人の為、消え去ることもまた、愛」。
ミステリーでありながら笑いあり涙ありのハート・ウォーミング・ストーリーにご期待ください。

 

たまちゃんはバウ。
ていうか、プレ退団公演でバウか!!
しかも東上なし!??

まじですか……。

原作は読んだことないんですが、公演概要を読んだ感じだとしんみりしつつ笑えそう。
ダーイシなのが気になるけど、時代に合わない変な笑いを入れてこないことを祈る……。

0

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村


宝塚歌劇団ランキング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。