たけふ版『Viva La Vida!!』感想・5

楽日には横断幕が掲げられました。
体育館みたいなところから大劇場に変わっても、この風習は変わらず。

BlogPaint

・ジャズの場面、黒のホットパンツで後ろ向きに登場するところがめちゃくちゃかっこいい。
ブロードウェイみたい。

肉体美よねぇ。
皆さんダンサーで鍛えてあるもの。
(残念ながら個人差はあるが……)

そこに出てくるSANAちゃんの場違い感がすごい。
衣装が……お衣装が……「売れない漫才師っぽい」が最初の印象です。
そんな田舎者SANAちゃんがスターに!!っていうのが夢よねぇ。

ブロードウェイなお姉さまたちがピンクのふりふりロケット衣装に着替えて出てきた。
いつもながらロケットの脚上げのテンポがエグい。
どんなに衣装が可愛くて「こんなんどってことないわー」って顔で踊ってても、ダンスのレベルはエグいのがOSK。さすがです。

ご当地・越前市出身の穂香ちゃんがセンター。
ああ、立派になったわね……。
(と知り合いでもないのに知り合い気分になれるたけふ公演)

・このあとが桐生さんのダンスソロだったっけ。
場を支配し、空気を動かす。
学年を重ねた舞台人ならではの凄さ。

・「L.O.V.E.」と可愛い詞を歌っててもぜんっぜん可愛い感じがしない城月さん。さすがです。
女帝とか女王とか皇太后とか、そんな感じの言葉が似合っちゃうお方だもの、仕方ない。

「ほ~ら可愛い歌うたってあげたわよ、ほらどう?」と上からひんやりとした視線を投げかけてきそうな歌い踊りっぷりであった。
男子、試されてるよ!

このクールさを中和してくれる実花さん、マジありがたい。
可愛い、キレイ。ああなんてまっとうな娘役なんだ……。

城月さんになにかを試されつつ、実花さんたちになだめられるこの空間、なんなの。
めちゃくちゃ楽しかったわ。

・そのあとの場面もかっこよかった。ダンスが熱くクールに決まりまくり。
さなちゃんのオラつきっぷりがまた宙のずんちゃんぽくてな……。
可愛い顔した男役さんが「可愛さ?なにそれ!」的にオラついてるのは好物です。

0

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村


宝塚歌劇団ランキング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。