『ONCE UPON A TIME IN AMERICA』新公感想・3

アポカリプスの四騎士は、印象として、本公演より新公のほうがキャラがはっきりしていたように思えました。

IMG_20200122_193955

●まず主役のヌードルス、すわっち。

歌が上手い、芝居ができる、ダンスももちろんOK。万能です。
あとは見た目だなぁ……好みはあると思うけど、私にはどうにも「職人」に見える。
男役としての動きとか、見せ方とかもいいと思うんだけど、オペラで覗いたときに「なんか違うな……」という気持ちが拭えませんでした。

ヌードルスを誠実に演じ、歌は聞かせる。うまい。
手堅いのは任せとけ、それでいて覇気もある。
1幕終わりの薔薇を散らしての決めも、だいもんより「宝塚の男役スター」らしい形をとってる。
壮年期のくたびれ方や、体の使い方なども様になっている。きちんと年齢を感じさせる演技もできるのでした。

じゃあなにがダメなのかというと、簡潔にいって見た目とか持ち味とかです。
すわっちを「カッコイイ!!」と言う方もおいでなので、単に顔が私の好みじゃないだけだろうと言われればそれまでです。
(この好みというのは「路線」としてどうかという話ですよ)

本人にとっては念願の新公主演だったようだし、これまでも結果は出していました。
だから「おめでとう」という気持ちがないわけでもないんですが、それとは別に微妙な気持ちもあります。
宝塚では「上手い=新公主演ができる⇒トップになれる」わけでもないし、今後の雪組の体制のなかですわっちはどう位置づけられるんだろう?という疑問もあります。

たとえば月のまゆぽんや元雪・宙の緒月のように、「新公主演をしなかったからこその美味しい役付き」もあるわけで。
新公主演をしたからこその美味しさ(たとえばパレードのセンター降り)もあるけれど、その一方で人によっては「美味しすぎる役はつけにくい」ということもあるのでは?と感じるわけです。

もちろん、劇団がこれからトップにする気のある路線スターだったら、おそらくは無用の心配です。
が、そんな気はしないのでなぁ……。
いや、劇団の気持ちなんて私にはわかんないけどさ、中の人の知り合いもいないし。

なので、「新公主演おめでとう」「舞台、よかったよ」という気持ちと同時に、「どうすんのかなぁ」と単純に祝福しきれない新公主演でありました。

0

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村


宝塚歌劇団ランキング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。