『ONCE UPON A TIME IN AMERICA』感想・1

雪組大劇場公演『ONCE UPON A TIME IN AMERICA(ワンス アポン ア タイム イン アメリカ)』を観てきました。
まずは1月12日(土)15時公演です。13日(日)11時も観る予定。

IMG_20200111_145754

だいぶ前に予習をしたのですが、だいぶヅカナイズされてましたね。
良くも悪くも宝塚的、ご家庭のどんな方が観てもOKなものになってました。

まずはざっくりとした感想。

時系列順だからわかりやすい。

最初こそ壮年期のヌードルスとファット・モーが出ますが、それ以外は時系列順。少年期・青年期・中年期が複雑に入り混じりはしません。
だから脳みそが混乱しない。
私にはありがたい仕様です。

サスペンス&ミステリ要素がなくなった。

時系列順にしたことで、「ヌードルスを呼び戻したのは誰?」「手紙を出した目的は?」「長官の正体とは?」という謎の要素がほぼなくなりました。
まぁ別にいいんじゃないかな。

いろいろとマイルドになった。

たとえていえば、本場のインドカレーが日本のお子さま用カレーになったかのようなマイルドさです。
毒気やヤバい要素、ほとんど消したなー。主にエロ系。あとクズ要素。

実際、映画みたいにおっぱい出すわけにいかないし(ジェンヌさんの見たくないし)、舞台で強姦されても辛いし。
あ、マックスはキャロルを何度か殴っていて「クズだな」と思ったけど。

ヌードルスはデボラを強姦しないし、宝石店襲撃のときも奥さんは「キャー」って叫んでるだけ。
出所したヌードルスを迎えに行った車の中にそれ用の女が待機していたりもしません。

あーさキャロルもすごくイイ子になってたので、「それ、男役がやる必要ある?」とつっこみたくなりましたよ。脚本上、デボラとの対比もあまり効いてない。

1幕ラスト、「薔薇から生まれた薔薇太郎(ドン・ジュアン)が薔薇散らしてる!」と一人でウケました。(台無しな感想)
だいもん、薔薇にあうなぁ。

0

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村


宝塚歌劇団ランキング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。