<華宝塚>さくさくインタビュー

東京新聞の<華宝塚>にさくさくのインタビューが出てます。

<華 宝塚> 美園さくら(月組):中日新聞Web

月組公演「『ピガール狂騒曲』〜シェイクスピア原作『十二夜』より〜」(来年一月三日まで、東京宝塚劇場)で、フランスの女性作家、ガブリエルを演じている。時代設定は一九〇〇年、舞台はパリの歓楽街、ピガール。夫のゴーストライターであることに嫌気がさし、別れを決意したところ、秘密を抱えたジャック(珠城(たまき)りょう)と出会って…。 …

 夫婦関係、自立した生き方、ジャックとの恋模様など、多様な表現が求められる難役。ガブリエルを「自分のやりたいことに突き進む力強さを持っている人」ととらえる。「この役ができたら人として成長できると思い」厳しい稽古を積んできた。

ガブリエル、面白い役ですよね。けっこうガツガツしてて。
スタイルがいいからいろんなドレス姿がきれいでした。

恒例の三つの質問も。

・無人島に何かひとつだけ持っていくとしたら?
 何かな? (しばらく考えて)最近意識して飲んでいるプロテイン。タンパク質は体をつくります。

プロテインときたか!

食料だけど、生死には直接関係しなさそうなプロテインを選ぶってのが面白いな。

3

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村


宝塚歌劇団ランキング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。