宝塚歌劇団が2022年度の演出助手募集中です

宝塚歌劇団が2022年採用の演出助手の募集を出してます。
(以下、内容はマイナビより)

【仕事データ】
募集職種・分野/演出助手
仕事内容/宝塚大劇場公演、東京宝塚劇場公演、宝塚バウホール公演等宝塚歌劇公演の演出補助業務。演出助手として経験を積み、将来演出家を目指していただきます。
エントリーシート締切日:2021年7月22日

【募集要項・採用フロー】
採用フロー/筆記試験⇒グループディスカッション⇒適性検査⇒面接(個別)1回実施予定⇒内々定
内々定までの所要日数 2カ月以上

選考方法/エントリーシート、課題作文(小脚本)、グループディスカッションおよび適性検査、面接
選考の特徴/グループ面接なし
提出書類/履歴書、課題作文

募集対象/理系大学院生・理系学部生・文系大学院生・文系学部生・既卒者
2022年3月に大学卒業・大学院修了見込みの方
※既卒者同時募集(2022年3月時点で既卒5年以内の方)

募集人数 若干名
募集学部・学科
全学部・全学科

募集の特徴/
職種別・コース別採用あり
エリア限定勤務(エリア限定職採用)あり
今回、演出助手のみの採用です。就業場所は宝塚となります。

求められる能力/
・相手を選ばずコミュニケーションをとることが得意であること
・調整力、スケジュール管理能力
・段取りよく物事を進める能力、フットワークの軽さ
・粘り強く取り組めること
・(脚本を書く際には)創作力、構想力、文章力

就業開始時期/
・新卒者の場合、2022年春(3月~4月)
・既卒者の場合、時期は応相談

【採用後の待遇】
基本給/月給200,000円(2021年4月実績)
試用期間:3カ月(同条件)

※専門業務型裁量労働制のため、残業代の算出・支給はありません。
(裁量労働制とは具体的に労働時間を算定せず、一定の時間労働したものとみなすという勤務形態です。)
試用期間あり
固定残業制度なし

諸手当/
・職種手当5,000円
・(嘱託雇用契約締結の1年経過後より、担当する公演毎に)作品手当
・(正団員登用後)家族手当
昇給/あり(4月)
賞与/年2回(7月・12月)

休日休暇/
・年間104日(1週につき2日。その必要の限度において他の日と振替勤務あり)
・加休休暇(年間18日)
・年次有給休暇
・有給休暇(結婚休暇 4日、配偶者分娩休暇 4日、忌引休暇 3~5日他)

待遇・福利厚生・社内制度/
・見学出張補助(国内・国外)
・観劇補助制度
※嘱託雇用契約締結の1年経過後より適用
※回数制限あり

就業場所における受動喫煙防止の取組/屋内喫煙可
指定の区域内にて喫煙可。

保険/健康保険・厚生年金保険・労災保険・雇用保険

勤務地/兵庫県宝塚市栄町1-1-57
宝塚歌劇団(阪急・JR宝塚駅、阪急宝塚南口駅より徒歩7分)
教育制度/グループ合同新入社員研修
研修制度/制度あり
新入社員研修 他
勤務時間/専門業務型裁量労働制
※(例)13:00~22:00
(1日あたりのみなし労働時間8時間)
ディレクター業務
(裁量労働制とは具体的に労働時間を算定せず、一定の時間労働したものとみなすという勤務形態です。)

雇用形態/嘱託契約団員(1年毎に契約を更新。契約期間は概ね3年間をめどとし、この間に適性を判断のうえ正団員としての任に応えられると認めた場合、正団員に登用)

マイナビ

裁量労働制の働き方で労働時間はみなし、雇用形態は1年更新の嘱託契約団員など、なかなかに渋い労働条件ではあります。
いい作品を作る人が演出家として残ってほしいという気持ちと、労働条件が厳しすぎるのはちょっと……という気持ちのせめぎあいですね。

福利厚生等の中に「・見学出張補助(国内・国外) ・観劇補助制度 ※嘱託雇用契約締結の1年経過後より適用 ※回数制限あり」というのがさすが宝塚歌劇団です。
宝塚歌劇以外の舞台でも補助が出るのかな。
梅芸の舞台くらいはタダで見れそうな気がするけど。

昔、大介氏とサイトー君の対談(トークショーの抄録)で演出助手応募時の倍率は100倍くらいだったと読みました。
約100倍を勝ち抜いて演出助手に採用されるよう、応募者の皆様にはがんばっていただきたいです。

【採用実績】
採用実績(学校)/
<大学院>
東京大学、日本大学、大阪教育大学
<大学>
京都大学、慶應義塾大学、上智大学、東京大学、日本大学、明治大学、立教大学、立命館大学、早稲田大学
University of California San Diego

採用実績(人数) /3名(2021年実績)

採用実績(学部・学科)/
2021年 3名(教育学研究科、芸術学部、舞台芸術学部)
2020年 1名(芸術学部演劇学科)
2019年 3名(芸術学研究科、総合政策学部、農学生命科学研究科)
2018年 3名(造形芸術学部、現代心理学部、文学部)

マイナビ

こちらもマイナビからの情報。
サンディエゴ!!
ジェンヌさんだけでなく、演出助手もグローバル。

過去3年の新卒採用者数は、2021年3名、2019年4名、2018年3名。
2020年の1名は新卒じゃないってことか。

新卒離職者数は、2021年0名、2019年1名、2018年2名。
2018年の採用者は3名中2名はすでに離脱……。
心身ともに大変そうな職場だもんね。

新卒者の男女別は、2021年は女性1名・男性2名、2019年は女性1名・男性3名、2018年は女性2名・男性1名。
(2019年の新卒者数は3名なのか4名なのか……?)

なお、演出助手というお仕事に興味のある方は、植田景子センセイの『Can you Dream?』がおすすめです。
1993年ごろの話なので今とは状況がいくらか違うとは思いますが、おおよそは変わってない気がします。
仕事がハードすぎて「演出助手なんてぜったいできんわ!!」と思える本です。
おすすめよ。

3

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村


宝塚歌劇団ランキング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。